• エディタの使用を可能に

  • rules でテーマを切り替えるモジュール。特定のページでテーマを変更したり、端末によってテーマを変更するなどできる。

    $ sudo drush en themekey_example, themekey_redirect, themekey_css, themekey_user_profile, themekey_compat, themekey_debug, themekey_ui, themekey, themekey_features -y 
    

    admin/config/user-interface/themekey

  • コンテンツを精査してSPAM等防止

  •  

    $ sudo drush en webform -y 
    
    admin/config/content/webform

    node/add/webform

     

     

  • $ cd /var/www/html
    $ sudo drush dl commerce_kickstart --drupal-project-rename=commerce_kickstart.local
    $ cd commerce_kickstart.local/
    $ sudo mv profiles/commerce_kickstart/modules/* sites/all/modules/
    $ sudo drush si commerce_kickstart --db-url=mysql://dp_db_admin:dp_db_password@localhost/db_commerce_kickstart --db-su=root --site-name="commerce_kickstart site" --account-mail=octaviadata@outlook.com --site-mail=octaviadata@outlook.com
    

    DB作成は10分以上かかった。

  • 多言語をインポートする際に使用します。

    $ sudo drush en feeds_et -y
    

    コンテンツタイプのフィールド設定でtranslationをenableしておくと、importer作成時に各言語用のフィールドを選択できます。

  • $ sudo drush dl path_breadcrumbs -y && sudo drush en path_breadcrumbs_ui -y
    

    admin/structure/path-breadcrumbs

  • 時間間隔(duration)を表すためのフィールド

    $ sudo drush en hms_field -y
    
  • locationフィールドにimport

  • ノードの位置情報を扱います

  • メニューアイテムに属性を追加

Pages